映画館の座席

邦画における歴史や特徴についての説明

日本では邦画という映像作品というものがあり、庶民を中心に映画館で観賞することが出来るのが特徴となっています。邦画が最初に制作されるようになった歴史についてですが、1930年代が原点であるとされています。この時代においては戦時中となっていますが、同時にテレビというものも誕生していることが特徴となっています。ただ現代のようにカラーではなく白黒テレビとなっており、色については白と黒の2種類となっています。

同時に富裕層した購入することが出来なかったため、一般の家庭出身の方が見ることが出来なかった映像でもあります。ですが1960年代になるとカラーテレビが制作されるようになり、邦画の映像についても色付きで見ることが出来るようになります。色が付いた映像が見れることになったので、より繊細に楽しむことが出来るようになっています。また邦画における1つめの特徴として、時代劇というジャンルがポイントとなります。

チャンバラ映画とも呼ばれることがありますが、主に江戸時代の武士や役人を生活を描いた内容となっています。鬼平犯科帳や水戸黄門といったシリーズの人気が強く、日本人なら知らないものはいないというくらいに認識されています。同時に日本独自の文化も演出されていることから、現代人が見てもどこか懐かしさを感じることもあります。そして2つめにおける特徴として、洋画に比べてアニメ技術が進化していることです。

基本的に実写が中心となっていますが、それと同じくらいアニメ映画も多く邦画として配信されています。映画館でも上映されることが多いジャンルであり、子供を中心に人気がある作品となっています。また昔は子供向けのアニメ作品が中心でしたが、近年は大人でも楽しめるようなものが続々と増えています。そのため年齢層についても、子供から大人まで楽しむことが出来る作品が多くなっています。これも日本映画における特徴であり、時代劇と合わせて世界中の人に愛されているジャンルとなります。