ヘルペスはセックス以外でもうつる可能性アリ

ヘルペスはセックス以外でもうつる可能性アリ

唇に水ぶくれができるヘルペス。
免疫力の低下やストレスが原因で発症することもあり、実際にかかったことがある人も多いでしょう。

口唇ヘルペスの原因菌は単純ヘルペスウイルスⅠ型、またはⅡ型で、実はこのウイルスは性器にも感染する恐れがあります。

ヘルペスウイルスが性器に感染すると、水疱(水ぶくれ)が現れます。
患部にはチクチク・ピリピリとした違和感があるため、水ぶくれになる前に感染に気づく人もいます。

粘膜部分の痛みや痒みは他の性感染症にもよくある症状ですが、ヘルペスの場合は水疱という分かりやすい病変が現れるため、区別しやすいでしょう。

性器ヘルペスはオーラルセックスでも感染するので、異常がある場合は粘膜の接触に気をつけましょう。

セックス以外の感染経路とは

ヘルペスは粘膜感染する病気ですが、極稀にセックス以外で感染することがあります。

たとえば軽いキスも感染経路の一つです。
ヘルペスによってできた水ぶくれの中には、多くのウイルスが含まれています。
キスによってウイルスが広がる恐れがあるので、病変がある場合はセックスはもちろんキスも控えなければいけません。

そしてトイレやお風呂で感染する可能性もあります。

ヘルペスは一度感染すると再発を繰り返す?

性器ヘルペスに感染しても、抗ウイルス薬で治療することができます。

しかし一度体内に入ったウイルスが完全に消えることはなく、免疫力が低下した時などに再び症状が現れることがほとんどです。
もし再発した場合はまた適切な治療が必要になります。

ヘルペスは飲み薬だけでなく塗り薬もあり、それぞれ通販で購入可能です。
一度発症したことがあるなら、再発時に備えて予備の薬を買っておくことをおすすめします。