クラミジアと淋病の症状は似ている!

クラミジアと淋病の症状は似ている!

クラミジアと淋病はまったく異なる原因菌によって起こる性感染症ですが、症状がとてもよく似ています。
また、併発することも珍しくありません。

クラミジアの原因菌は「クラミジア・トラコマチス」です。
感染するとまず性器に異常が見られます。

男性がクラミジアに感染すると、3日~2週間ほどで尿道炎を起こします。
排尿時に尿道がしみる・痛むという症状がある場合は注意が必要です。

女性の場合は子宮頸管炎や膣炎を起こすのですが、その症状はおりものの増加などであるため、変化に気付きにくいケースも少なくありません。
症状が進行すると子宮内膜炎や卵管炎を起こし、それがきっかけで不妊になることもあります。

淋病は淋菌が原因で起こる性感染症ですが、基本的な症状はクラミジアと同じです。
ただしクラミジアよりも強い症状が出るケースも多く、感染率が高い病気としても知られています。

2つの性感染症は性器だけでなく喉(咽頭)に感染することもあり、オーラルセックスにおける予防も必要です。

ピンポン感染しやすい性感染症

ピンポン感染とはパートナーとの間で感染を繰り返すことを指します。

クラミジアと淋病は1回のセックスでの感染率が30%と高く、再発することも珍しくありません。
自分だけ適切な治療を受けたとしても、パートナーが菌を保有していれば再び感染してしまいます。

菌を保有している期間は、たとえ症状が出ていなくても感染リスクがあるため、パートナーと一緒にしっかり治療を受けるようにしましょう。

クラミジアと淋病はアジスロマイシンやレボフロキサシンなどの抗菌薬で治療可能です。
新薬ならジスロマックやクラビットが有名ですが、海外医薬品の通販ではそれぞれのジェネリックを安く買えます。

1錠飲むだけで数日間効果が続くタイプが多いため、比較的簡単に治療できる性感染症です。