女性に多い腟トリコモナス症ってどんな病気?

女性に多い腟トリコモナス症ってどんな病気?

男性にはあまり症状が出ないものの、女性には強い症状が現れやすい性感染症として「腟トリコモナス症」があります。

若い世代だけでなく中高年にも多い腟トリコモナス症は、10日前後の潜伏期間を経て発症します。
初期症状は膣の痒みや熱感です。
クラミジアや淋病に比べると強い症状であるため、早い段階で感染に気づくことができます。

腟トリコモナス症の一番の特徴はおりものの変化です。
・おりものが黄緑色である(黄緑がかっている)
・悪臭を伴うおりものが大量に出る
・おりものが泡状である
といった変化が見られた場合、膣トリコモナスの感染が疑えます。

男性への感染は女性に比べると低確率ですが、もし発症した場合は尿道炎などの症状を引き起こします。

感染経路はセックスだけじゃない!

腟トリコモナス症の原因菌であるトリコモナス原虫は、セックス以外で感染することもあります。

感染経路として挙げられるのは下着やバスタオルの共有、またはトイレの便座やバスタブなどです。
つまりセックスの経験がない人でも感染する恐れがあります。

妊婦が腟トリコモナス症である場合、新生児にも垂直感染する恐れがあるため、早期治療が肝心です。

抗生物質による治療が主流

腟トリコモナス症はミノサイクリン系・メトロニダゾール系の内服薬による治療が一般的です。
1日1錠の内服を10日間継続して行う方法が基本で、治療薬は病院で処方してもらえます。

通販で買える治療薬でも十分な効果が得られるため、通院の手間や治療費を抑えたい場合は海外医薬品の個人輸入代行サービスを利用するといいでしょう。

症状を放置するとHIVへの感染リスクが高くなるため、必ず早期治療を行うようにしましょう。